Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

テレビ誌いろいろ

今日はがんばって本屋さん寄って、雑誌かってきました。
ザテレビジョンズーム、ザテレビジョンカラー、テレビライムプレミアム、ザテレビジョン。AJはネットで注文してあるから、のぞいてきた

どれがいいとか 選べませんね。どれもいい。
ビジュアルはいつもどれもいい

でも、カラーの雰囲気は他とは少し違って、特に好きかも。これは、だれでも撮れる写真ではない気がする。
記事の中にもあった‘ピュアさ’をイメージした白と‘熱’を感じさせる赤。どちらもを持ってる人。
インタビューではびっくりすること言ってた。
‘越えられるか越えられないか、ギリギリの壁だと思います。ちょっと俺には高すぎるくらい、高い壁’
これはほんとに、相当のプレッシャーも感じてるんだろうなと、あらためて感じました。

カラーとズームとで、『30歳の節目に』思うことを話しています。これが、やっぱり ぴぃ、素敵なんだよな~
「タッキーにあこがれて事務所に入ったが、当時の同期は一人も残っていない。だから、おれ自身デビューできると思ってなかった。」
「今あるものに一生懸命必死で取り組んでいるしかない。そしたら自然と、夢や理想に向かって道が開けていくんじゃないかな」
「これからも第一線を走り続けたいし、走り続けなきゃいけないと思ってる」
「今は、31歳の時も主役ができるかどうか、を目標にドラマに挑みたい」
私たちにしたら、え~、謙遜謙遜!ぴぃが主演できなかったら、主演する人いなくなるよ。ぴぃがデビューしないで、誰がしたというの。あなたはやっぱりちっともわかってない。自覚なさすぎ~ 
と言いたくなるけど、彼にしたら本気で そう思ってるんだね。。。。
でも、だからいつまでも輝いていられるんだと思います


テレビジョンでは、アルジャーノンチーム4人が互いの印象を語ってます。
ぴぃ評は・・・
窪田君「ストイックな姿勢を近くでみさせてもらって、こうあるべきだと学んでいる」
栗山さん「真面目でぶれない。引っ張ってもらっている」
風磨君「仕事の話や20歳のころの話をしてくれる。すごい話を聞けてるなとうれしい」
トークの中で、栗山さんに「いつも落ち着いてる。テンションあがった姿が想像つかない」と ‘いつものように’言われて、「あまり人には伝わらないみたい」と言ってるのが、なんかかわいいなあ
そして、「天気がいい日はテンションが高い」って、‘いつものように’言ってる

咲人が手術を受けたことについては、「‘お利口’になることを咲人は望んでいたのだから、本人が決断したのならば、結果はどうあれよかったんじゃないか」と言ってます。
わたしも賛成。そのとき 自分で決めた道ならば、その選択は間違ってないと思います。思いたい。でなきゃ、後悔だらけの人生になってしまうから。

ザテレビジョンがどうしても、どうしても、どうしても見たかったのは、シナリオがちょこっと載ってると聞いたからです。
咲ちゃん、檜山にカンチョーしちゃうんだ それで檜山が怒って。Nスタで咲ちゃんが泣いてたのは、このシーンだったんだね。
‘あいきょでしょ’とか‘なかよく’とかは、咲人がうまく生きていけるようにと パパが教えてくれたのかな。
戸惑ったり泣いたり誤解されたりしながら、それでも笑顔で素直に、ママに愛されたいと願いながら一生懸命に生きてる。それが、わたしの思う咲ちゃん。想像の段階なのにね、健気さに泣けてくるんだよね




20141223_092235p.jpg
←web拍手

ランキングに参加しています。
よろしければ ぽちっとな。

ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト

2 Comments

タタ  

ほんとに、雑誌どれもいいですよね~。山Pが寝る間も惜しんで撮影したものですもんね、全部欲しいです!全く載ってない時もけっこうあったから、載ってくれてるととっても嬉しいですよね。そして、日記ありましたね(*^_^*)。juneさん、私達sweetiesって幸せですよね~。ほんとに山Pが大好きだわぁ!!

2015/04/03 (Fri) 18:10 | EDIT | REPLY |   

june  

> タタさん
今回は、ドラマのイメージ、役のイメージから、特別美しい、雰囲気のあるものが多いですよね~。本屋さんでうっとりしてしまい、あわてて周りを見たりして(~_~;)

ほんとに幸せですね。
何十回言ったかわからないけど、彼のファンになって本とによかった(*^_^*)

2015/04/05 (Sun) 01:44 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment