Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

ピクトアップ 

なんかもうね、寝ても覚めても咲ちゃん、みたいになってマス(*^_^*)
今日もアルジャーノンに花束を、見てましたた。1話、2話、続けて。
何回見ても心揺さぶられ、涙が出るドラマです。

ピクトアップのインタビューで。

咲人を演じるにあたって
「最初は仕草や目線など、大きく表現することも考えましたが、誇張して演じるのも違うと思ったので、演出の方と相談しつつ、引き算しながらバランスを考えてつくっていきました」

ぴぃの演技を、あんなのじゃない、素の山Pが見えた、と批判する意見も見かけたけれど、
少し素が見えるくらいの方がよい、重い内容だけに 現役アイドルが演じることが視聴者を安心させるのだ、との意見を見て、なるほどなあと思いました。‘素が見えてる’とは思わないけど、確かに咲ちゃんのかわいさ、愛おしさは、ぴぃが演じてるから倍増してるのは間違いない。

「(咲人は)かわいいと思いますよ。見た目ではなく(笑)、キャラクターがです。」
打算的に生きてない子どもをイメージしたというのだけど、ばっちり そんな咲ちゃんがいましたね~。
タバコ屋さんがなくなって、おばあちゃんが死んじゃった、さびしいと泣いてたと思ったらお腹がすいた~と言いだすところ。ほんと、‘ややこしい’けど、ほんとにかわいい。子どもって、気持ちがくるくる動いてくんだよね。
キラキラを見つけたら、柳川君にやめろと言われても止められないのも。でも、空気を感じて、なにかよくないことをしたらしいと思ってる。子どもだから何もわからないと大人は思うけど、空気や人の気持ちは 案外感じとってたりする。咲ちゃんもそうね。
あともう、かわいいポイントはい~っぱいあって、ドラマナビで監督?が、「チャーミングな咲人ができたと思います」とおっしゃってたことをうれしく思い出してる毎日です(^^)

「咲人をうまく演じられれば、ある意味、役者として殻を破れる作品になるんじゃないかな」
わたしもそう思ってます!!!!(^^)
咲ちゃんを演じきった後に、新しい道が開けてくると思ってる。ぴぃは30歳ということをあまり気にしないようだけど、アイドルとして微妙な年齢(一般的にですよ)だと思うの。そんなときに咲ちゃんを演じることは、やっぱりすごく運のよいことだと思います。

ただ、ハゲ頭の親父役だってやると言ってるけど、ハゲ頭とぴぃの顔は さすがに全然似合わないと思います


ご一緒したい監督は三池監督。俳優さんはムロツヨシさん。
三池監督といったら迫力満点なのしか浮かばないんだけど。そんなぴぃを見たい気もするけど、わたしの得意分野ではありません(~_~;)ムロさんはウロボロスでも活躍でしたね~。
理想の俳優さんは山崎勉さん。ぶれないね~。ただ、「当時は若さゆえ、むちゃくちゃで。山崎さんにばんばんアドリブしていた。今は怖くてできない」と言ってるところが、変わったなあと思いました。成長なのかな?(^^)



non.noでは大政絢ちゃんとインタビュー。これは、本屋で立ち読みでガマンしたのだけど(~_~;)
特に気になったことは、後輩君たちのトモ呼びに触れてたとこ。
自分からトモでいいよと言ったんだけど、自分なら先輩に呼び捨てはできない。けど、後輩君たちはすんなり呼んでる。と笑ってるところ(^^)
彼の中にある、古風で体育会系な部分と、「みんなとフラットでいたい」と考える自由な部分とが入り混じった話で、おもしろいなと思いました



20141223_092235p.jpg
←web拍手

ランキングに参加しています。
よろしければ ぽちっとな。

ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment