Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

アルジャーノンに花束を~第8話~

ぴぃのメールの意味が、深く深~くしみてくる。
そんな8話でした。

桧山君が梨央ちゃんをお見舞いするシーン。
咲ちゃんと柳川君のシーン。
涙が止まりませんでした。

柳川くんとの友情は変わっていなくて、本当によかった。
だけど、咲人を愛するあまりに、失いたくないばかりに、遥香は柳川君たちに嘘をついてしまう。予告で、「悲しい愛だ」と言っていたのは、遥香に対してなのかしら・・・

遥香は愛する咲人のためにうそを。
河口社長は娘のために咲人を実験台に。
桧山くんは梨央を思い、咲人を責めた。
ひどいことのようだけど、その気持ちは痛いほどにわかる。
でも咲ちゃんは、、
知能が退行するかも知れないとわかっても 責めるどころか感謝の言葉を述べる。
次回には、梨央の病気を治す研究をするのであろう。
咲ちゃんは 自分よりもだれかを優先することができる人なんだね。
やっぱり、咲ちゃんはまぶしすぎるくらいに純粋で、美しい人なのだと思いました。

超知能を手に入れて別人のようになってても、「パパ」と呼ぶときは あのかわいかった咲ちゃんだった。
別人のようだけど、咲ちゃんは咲ちゃんなんだと思いました。

ママに愛されたいという一番の願いが叶わない。
ママとのシーン、哀しかった。
それでも、社長さんの言葉に少し表情を変えたママ、最後には咲ちゃんの夢が叶うのかな。
希望的観測です。。。


それにしても、ぴぃちゃん、恐ろしいくらいに美しかった
ぴぃが白鳥咲人を演じる意味は、そこにもあると思えました。
あの美しさを見せることができる俳優さんはいないでしょう。

すてきなすてきな8話でした。



20141223_092235p.jpg
←web拍手

ランキングに参加しています。
よろしければ ぽちっとな。

ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment