Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

監督インタビュー

気が付いたらもう火曜日(厳密には、現在時刻で言うと水曜日)になってしまってた。
これまでだったら もう火曜日!と喜びが勝ってたけど、今週はフクザツ。だって、「アルジャーノンに花束を」の終わりが近づいたってことだもの。。。

今さらだけど、公式サイトの監督のインタビューを読み返してきました。

まず、「原作の読後感がとても悲しいので、違う形にしたい」「原作のチャーリィに訪れる悲しい最後ではなく、咲人には何かを残したい」というところに安心・・・・うーん、安心ってのとはなんかちょっと違うか、救い?かな。。。
手術により知能が向上し超知能を手に入れるなんていう非現実的な設定でありながら、ストーリー展開にとてもリアリティーがあり、感情移入しすぎて涙が止まらないのは、一つ一つの言葉や行動が丁寧に描かれてるからだと思う。
‘なんのかんの言っても、作り話でしょ。そもそも知能向上手術なんてありえない。’という思い(ちょっとひねくれてるけど(^_^;))で見てたら、ここまで泣くこと、心揺さぶられることはない。現実にあることなんじゃないかと思える。
実際、知能向上手術や進行性要素性障害は架空のものでも、記憶や心や体の動きが失われ、今の自分が消えてゆく苦しみや悲しみに向き合わざるを得ない現実はある。そのとき自分はどう生きるか。周りの人間はどうするか。深く考えさせてくれるドラマです。

「山下君は今までクールで孤高な印象を持ったキャラクターをたくさん演じてきましたが、今回はそれとは違う、“新しい山下像”を見てもらうこと、これも、この作品における大きな目標の一つだったのです」
これについては、彼自身も言ってる通り、わたしたちも感じる通り、
彼にとって この時期にこの作品に巡り合ったことはとてもよかったと思えます。つまり、目標は十分達成できたと思います。
ほんとに、監督さんにも野島さんにも、深くふか~く 感謝したいです。


今日は忙しかったので、ドラマリピれませんでした。そんなときも、ちょこっとだけ、好きなシーンだけ見るの。
9話、森の中で光をあびて立つ咲ちゃんのシーン。
8話、咲ちゃんと柳川君の軽トラシーン。
心の中があたたかいもので満たされ、癒されます。。。。。



20141223_092235p.jpg
←web拍手

ランキングに参加しています。
よろしければ ぽちっとな。

ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト

2 Comments

みと  

気持ちおんなじです。金曜日が近づいて今までだったら嬉しかったのに、ドラマ見たいから近づくのは楽しみだけれどその時間が終わったらお別れになっちゃうと思うと…どうしよう…終わっちゃったら私どうなっちゃうんだろう…と寂しいです。本当に心に響いてくる優しくなろうと思える素晴らしいドラマですよね。子育てとか生き方とか…いろんな思いがたくさんつまったドラマ…。そしてその中で山Pが本当に最高に素敵で素敵で…。毎日見たくなりますよね。少しでも大好きなシーンが見たくなります☆素晴らしいドラマに感謝の気持ちいっぱいです☆

2015/06/10 (Wed) 09:09 | EDIT | REPLY |   

june  

> みとさん
とうとう最終回になってしまいましたね。
予告見ただけで胸が締め付けられそうになります。心してみたいと思います。

本当に、ぴぃには感謝ばかりです。。。

2015/06/12 (Fri) 03:58 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment