Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

アルジャーノンに花束を~最終話~

社長さんの言葉に、毎回涙しました。
最終話でもそう。
「お前は、いつのまにかそういうやつの心の棘をぬいてしまう。お前は、十分偉いんだ」
社長さんは、咲ちゃんのパパにお世話になったから咲ちゃんを預かったのではあるけど、お金とか地位とか学歴とかでない、その人のよさをちゃんと見てくれる人でよかったなあと思います。いや、パパとの出会いが 彼を変えたのかな。種をまかれて。
手術前の咲ちゃんにしたと同じように、頭をぽんぽんんとなでた。社長さんにとっては どの咲ちゃんも咲ちゃんなんだなあと思いました。いくつになっても、子どもは子どもというのと、ちょっと似てるかな。。。
「病気の女の子治してあげるんだって?こんなとこにいないで、早くその子のとこに行ってやれ。」
大きな愛で咲ちゃんを包み、やさしく背中を押してくれる、本当に素敵な人です。
わたしの涙シーンです。

ママとのわだかまりが消えてよかった。
咲ちゃんはママにいい子いい子してほしかった。でも、ママも彼女なりに必死で生きてきて、だれかに「がんばってるね」って認めてほしかったのね。
ママよりも背が高くなって、やっぱり つっけんどんになってしまうママの心を感じとって、ママの寂しさを感じとって、ママを抱きしめる咲ちゃん。ママは、閉ざされてた心が開いて、やっと涙を流すことができたんだと思う。
ママの涙にも、咲ちゃんの涙にも、わたしも涙のシーン。


‘さくとへ’の手紙を残す咲ちゃん。
退行がどの程度進むのか、もしかしたらアルジャーノンのように・・・・という自身への不安でなく、ただ周りの人たちのことを心配している。大好きなママ、お世話になった社長さん、愛する遥香。彼らに心配をかけたくない、つらい思いをさせたくない、悲しませたくないと、‘あいにいかないで’と書いた。
でも、柳川君と桧山君のことは 待ってたんだよね、アルジャーノンのお墓で。
何もかもをさらけ出して頼りあえる、支え合える‘たいとうのともだち’ってことなんだね。。。
涙、涙、涙・・・。

遥香への手紙を、涙を流しながら、震える手で一生懸命書こうとする。
そこにパパが現れて・・・・。あれは、パパが書いてくれたんだよね。パパも泣いてた。
咲ちゃんも泣いてた。
わたしも号泣シーンです。


小切手をもらうシーン、きっとそうだろうと思いながら、咲ちゃんが鼻をかんだときには胸が苦しくなりました。
知能向上した咲ちゃんになってから、何度も 手術前の純真無垢な咲ちゃんにもう一度会いたいと思ったけど、いざそうなったら悲しかった。
泣いてる遥香をそのままにできずに、イヤリングを返したんだよね。でも、‘あわないで’と言われてるから。。。
夕日の中、とぼとぼと歩いていく咲ちゃんの後姿に涙があふれました。‘せかいでいちばんすきなおんなのこ’にも‘だいすきなまま’にも住み慣れた‘おはなやさん’にも行かずに、どこに行くのかな。ちゃんと行けるかな。だいじょうぶかなって。
だから、小久保君が「咲ちゃんの対等の友達は!」と叫んでくれたときは、胸が熱くなったし、柳川君と桧山君が黄色いコート持って出かけるときには 今度は違う涙が出た。


しかし、まさか3人でバーガー屋さんやってるとは。
まったく、予想外の展開でした。
お花屋さんにもどるかと思ってた。社長さんにあわないでと手紙に書いたけど、社長さんが怒ってるはずないし、柳川君と桧山君が誘えば戻ったんじゃないかな。
でも、わたしは気に入ってます、このラスト。
ドリームフラワーサービスは、彼らが一生を過ごす場所ではないのかもしれない。社会へ出ていくためのステップのような。
そして、咲ちゃんと柳川君と桧山君は、3人でならやっていけると思ったのかも。

社長さんのまいた種が、3人の心の中で育っていったんだよね。
咲ちゃんも2人の心のとげを抜いて、新しい種をまいたんだよね、きっと。

最後が咲ちゃんの最高の笑顔で、ほんとにしあわせに終わって、よかったです。
ほんとにほんとによかった。


最終話は、はっきりと描かれてないことがたくさんあって、視聴者が想像しながら見るようになってる。
そこがまたいいと思います。何度も何度も見て、感じること、考えることが大切な気がします。

終わってしまったのはさびしくて、もう今度の金曜日にはテレビの前で待機しなくていいのかと思うと、とにかくさびしい。
でも、すごく満ち足りた気持ちもあります。
今でも見返すと、やっぱり涙が出る。1話も、2話も、・・・・最終話まで。だけど、心はあったかくなる。
すてきなドラマを、ぴぃちゃん、ありがとう。
お疲れさまでした。



20141223_092235p.jpg
←web拍手

ランキングに参加しています。
よろしければ ぽちっとな。

ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト

6 Comments

タタ  

juneさん、目の腫れは治りましたか? 1話からずーっと素晴らしいドラマだと思って観てきたけど、最終回も素敵な終わり方でしたね。山下智久主演のドラマは、いつも大切な事を教えてくれますよね!!今週の金曜日はドラマもないしメールもないのかと思うと、寂しすぎて1週間乗り切れないかもデス。

2015/06/15 (Mon) 06:29 | EDIT | REPLY |   

素直  

juneさんへ
毎日ブログ読ませていただいているのに忘れた頃のコメントですみません。アルジャーノン本当にいいドラマでした。私もあのハルカと会ったシーン同じように考えていました。それは、見返してです。今日このブログを観てまた涙しました。すごいドラマです。
こんな素敵なドラマ、素敵すぎて山pが一番プレッシャーかかっていたと思いますが、やってくれるんですね。ビジュアルとダンスと雰囲気に偶然山pのファンになったと思うのですが、中身が素敵で本当に幸せです。これからも応援します。これからもブログ読ませてください。

2015/06/15 (Mon) 20:20 | EDIT | REPLY |   

やすはっぱ  

最終話も何回もリピっています・・・
そして、juneさんのブログもまた読んでも
また涙が出そうです
見るたびに、想像が膨らみ、勝手に解釈して
また泣きそうになります
本当にこれは小説に近いな~って思いました
ちゃんとビジュアルがあるのに・・・
名作ってそういうことなのかな、なんて考えたりもします
これは、メイキングが本当に楽しみですね、
予約が多いと、メイキングが増えるとかなんとか・・・
本当なら嬉しいですね!
今週の金曜日もアルジャーノン見てるかも・・・です

2015/06/16 (Tue) 20:59 | EDIT | REPLY |   

june  

>タタさん
終わっちゃいましたね~。いつも早いけど、今回はほーんとにあっという間だった。。。

さびしいけど、こんな時はリピリピリピ。必ず次のGIFT用意してくれてるから がんばってまとうね~

2015/06/18 (Thu) 02:10 | EDIT | REPLY |   

june  

>素直さん
お久しぶりです。見てくださっててありがとう♪

わたしも、こんなにまでファンになるなんて、ずっとファンでい続けるなんて初めてです。だって、嫌いになるポイントが一つもないですもんね(*^_^*)
これからも、ぴぃちゃん 一筋です♪

2015/06/18 (Thu) 02:13 | EDIT | REPLY |   

june  

> やすはっぱさん
外野の声を気にせず、ただ素直にドラマを楽しめた。見るものを引き込む力、惹きつける魅力がありました。
ほんとに、すてきなドラマでしたね。

メイキング、たくさんあるといいね~

2015/06/18 (Thu) 02:16 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment