Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

5→9 第1話②

今朝は早起きできたので、5➝9見てから仕事行きました♪
朝からデレデレ気分で、職場に着いたとき 一瞬戸惑ったワ


好きなシーンはいっぱいあります。
潤子がカニを食べて喜んでるのを、ちょっと不思議そうに見てるところでしょ。
「カニはおいしいですね」と言って柱にぶつかり、行先もまちがってて、澄ました顔で戻ってくるところでしょ。
「嫌いではありません」と 自分の気持ちを表すことを抑えてきた高嶺さんには、潤子の素直な感情表現がまぶしかったんでしょうね。好きになっちゃってますよね。
でも、「好き」だという気持ちを自覚できないというか、しないようにしてるというか。お寺のため、だなんて言い続けてる。
実際、高嶺さんは住職になることが大切だったらしく、「弟に譲る」と脅されて(^_^;) 潤子との縁談を断ると言います。だけど、ゴロンと寝っころがった、あの様子からしたら、ホントのホントの心は違うんじゃないの?って思います。つらいね~、高嶺さん。
それでもようやく書いたわび状を持って、きっと、すっごい決意を持って出たんでしょう。にぎやかな街を、そこに不似合いな袈裟姿で わび状を握りしめて歩いてる、このシーンも好きです。
ところが、また出会っちゃたんですよね~、潤子に。おにぎりをおいしそうに、しあわせそうにほおばってる潤子さん。
高嶺さんの決意は相当揺らぎました。それでも、お寺を継がなくては、という幼いころから教え込まれてきた思いがわび状を手渡そうとし、やっぱ好き!って隠してるけど隠れてない思いが なんとか潤子さんに わび状を書いたことを悟られまいとします。このシーンもだ~い好き。
こういうとき、たぶん普通の大人だったら‘上手に’やるんだと思う。自分にとってどっちが得か、心の天秤にかけてどっちか選ぶんだと思う。でも、高嶺さんはまっすぐだから。
潤子に「もう付きまとわないで」という言葉が高嶺さんの心に刺さりました。「あなた自身はどうなの?」って聞かれた時も答えられなかった。自分はどうしたいのか。潤子を忘れておばあさまの縁談を受けるか、やっぱり潤子なのか。
考えた結果が、「やっと目が覚めました」
自分で決めなきゃいけないって、思ったのかな。2話予告によると縁談を切り上げたらしいし、お見合いの席で興味無さげだったから、断るつもりで会ったのだと思います。「わたしには、心に決めた人がいるのです」とか言って、出てきたんじゃあないのかしら。
そして、どこかで潤子の誕生日だと聞いて まっすぐな高嶺さんはあんなところまでおめでとうを言うためだけに行ったのね。
どうやってお祝いしたらいいのかわからず、バラの花束を持って、会いに来たのね。
気持ち、止められなかったのね。
もちろん、大大大好きなシーンです。
思わず潤子さんを抱きしめて、でも素直に潤子を見れないす、潤子の言葉に答えられず、戸惑っていました。初めて自分の気持ちに正直になって、意を決してキスしようと思ったら潤子さんたら・・・
挙動不審になってる高嶺さんがかわいくって、愛おしくって。。。
もう止まらない高嶺さん。潤子さんが他の男性と親しくしてるのがたまらないのでしょう。潤子さんがどうしているのか、気になって仕方ないのかもしれません。でも、だからって どうすればいいのかわからず、なんと、監禁してしましました

これが私の解釈デス
合ってるところもあるだろうし、違ってるところもあるだろうし。それは2話、3話、と見て行くうちにわかってくるかな。



ぴぃちゃん、日記更新ありがとう。
すてきなバラの花束ありがとう。
ありがとう って言うためだけに更新してくれた。ありがとう。
がんばってくれて、ありがとう。
いつだって、好きでいさせてくれて、すてきなぴぃでいてくれて、ありがとう。
本当にありがとう。




20141223_092235p.jpg
←web拍手

ランキングに参加しています。
よろしければ ぽちっとな。

ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment