Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

5→9 第2話②

たくあんポリ以外にも、好きなシーン、もちろんあります♪

監禁シーン?(笑)での、「あなたじゃなきゃだめなんです」も当然だけど、その前の「こばまれてもかまわない、ここから出さない」
2人の畳み掛けるようなやりとりは いっつもおもしろくて好きですけど、このセリフの言い方が特に(*^_^*)
トーンは低いけど、ぜーーーーーーーったい ださないっ!!って気持ちがすごく伝わってくる。高嶺さん、ほんとに子どもみたい

そういう意味では、やっぱ一番は「わたしはニンジン食べれます」ですよね~(*^_^*)
わたしだったら、こんなかわいいこと言って来たら コロッといっちゃうけどなあ。。。。あ、いや、どーだろ。高嶺Pだからかも?

高嶺さんは とにかく潤子さんのことに一生懸命で、「よかれと思って」まっすぐに行動してるんだよね~。ほかには全く目もくれない。オイオイってところは多少・・・かなりあるとしても、すべては潤子さんを思ってのことだし、何様?な言葉遣いでも 言ってることは優しかったり甘かったりする。
原作は、もっと上からだったような気がするし、こんなにかわいいシーンもなかったような。ドラマはうまく、甘くてかわいくておもしろい設定に変えてあるんだなあと思う。これなら、ぴぃが言ってたように‘家族で楽しめる’もんね(*^_^*)


昨日さとみちゃんがback numberのANNに出演して、3話の見どころを話してました。
「高嶺がどう謝罪をしていくのか、というアプローチの仕方とか」だそうですけど、むずかしいよね、あの謝罪は。
監禁はまだしも?(←いや、ギリギリアウトでしょ )
合格しないいように手を回したとか、それはダメでしょ だって、潤子さんの夢だったんだから。おまけに、たった一人しか合格できない難しい試験に、あのきつい環境で一週間勉強して臨んで。それで実は合格だったけど・・・なんて言われたらさ。
でも高嶺さんは、そんなつもりはなかったんでしょう。「力試しみたいなもん」って言ったからね、潤子さんが。、高嶺さんには「力試しです」って聞こえちゃったんだ、きっと。素直すぎるから。

うーん。どうするのかなあ。
お詫びに滝行ぐらいではすまないと感じで、修行に行くのかしら。「長い間お世話になりました」と言って、おばあ様が泣いていたように思ったので、家(寺)を出たのかと思ったけど、公式サイトにUPされた予告で「身も心も仏に捧げます」って言ってたから、山にこもって修行かな。
高嶺さんの純な思いが潤子さんに伝わるといいなあ。


連日日記更新してくれて、うれしい。
5→9はラインもツイッターもあるし、出演者もラインやツイでいろいろUpしてくれてるので、ぴぃもそのムードに乗ってるのかなあって思ったりします。この間は、もこみちさんが「スープ」、田中圭さんが「煮ろ!」からの~「かぼちゃはパンプキンパイ」だったからね
あと、現場が楽しいんだろうなあ。アルジャーノンでは、とにかく演じるのが大変だったのではないかと思います。気持ちが日記に向かえなかったんじゃあないかしら。ひたすら、がんばってくれてたのだろうと思うんです。
5→9では、楽しくリラックスしてお仕事できてたら、それもうれしいです

赤とゴールドは、ぴぃの中にある色だと思うよ~。
情熱の赤、華やかな金
わたしも好きです。赤も、ゴールドも、ぴぃも



20141223_092235p.jpg
←web拍手

ランキングに参加しています。
よろしければ ぽちっとな。

ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment