Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

5→9 第4話

あ~、ざんねん!胸キュンイングリッシュ、はずれた~

いや、当たり前ですけどね(笑)


予告で見た 高嶺さんの覗きっぽいシーンと、吐息混じりの「あなたと・・・」のセリフと、胸キュンイングリッシュ「あなたでないといけないからです」が、どんなふうにつながってくのか とても楽しみでしたが、おもしろかったです♪

とにかくおもしろかった!!笑った!!

桜庭家にすっかりなじんでる高嶺さん。
高嶺さんをお気に入りの家族と、ノリノリの高嶺さんと、拒否ってる潤子さんっていうパターンが、いつもおもしろい。
「その夜何が?」
もー まっすぐすぎて、それ聞く??って感じのことも 純粋な瞳で聞いちゃう高嶺さん。 でも、意外といろいろ考えてるようで御念仏唱えて煩悩追い払ってます(笑)  まっすぐで純粋でってわけでも とことん真面目ってわけでもなく(~_~;) 宿坊と偽って?潤子さんとのお泊りを計画して、すました顔でおばあさまに提案するとか、なかなか また裏から手を回して 潤子さんにお泊りさせてるし~

「にゃ~お」
ふきだしちゃいました(^^) ベタすぎる(笑) そして、さすがSOUND TRIPPERで鍛えられてるぴぃちゃん、ねこの鳴きマネもお上手(笑)
こそこそしてるくせに、こっち行くぜ!みたいなかっこつけてるみたいな仕草も笑った(^^)

おばあさまに見つかって、うわ!ってびっくりしてるの、かわいかった。ってか、おばあさま、どこに隠れてたんだろ(笑)
潤子さんを見つけられまいと必死なんだけど平静を装ってます、な顔が おもしろ~いぴぃちゃん、うまいね~♪

結局、一橋寺ではおばあさま以外はみんな高嶺さんの味方だし、ELAでもわりと高嶺さんに好意的。アーサー先生は完全に応援してるし、前回怒ってた百絵先生も 熱出した星川さんのことを心配してた。桜庭ファミリーはもちろん高嶺君派。 潤子さんの町の人たちも応援してたね~。
みーんな高嶺さんを応援してくれてて、やっぱり、高嶺さんって憎めない人なんだろうなあ(^^)

豪華お料理を作る高嶺Pがすてきでした❤ 料理人役もいいかもね~♪
お洗濯干すぴぃちゃんなんて、最初で最後かも❤ もしかしたら、ぴぃ自身もプライベート入れても 初体験かもしれないね(^^)
それにしても、あんなにお料理ができるなんて、これもおばあさまに教えられたのかしら。お花も生けて、お掃除もして。お坊さんって、そんなになんでもできるもの?できなきゃいけないの? うちの御近所のお坊さん見てる限り、そんな感じしないから、やっぱり おばあ様が厳しく育てたのかなあと思います。
幼いときに両親をなくし、お寺の後継ぎとなり、お寺をますます立派なものにしていくために、厳しく厳しく育てられたのでしょう。普通の子どものように友達と遊んだり、笑ったり、はしゃいだりすることなく。
切ない。。。

このあたりから、コメディな部分とラブな部分がうま~く入り混じってきて、ラブがすこしずつ増してきて、潤子さんの気持ちが少しずつ高嶺さんに近づいてきます。突飛すぎる行動で 見えなかった高嶺さんの姿や心が見え始めたんだよね。宿坊やってよかったね

「瞑想です」と強がる高嶺さん、かわいい。まるで、小学生みたい(^^)
4人川の字で寝てる、かと思ったら、お目目ぱっちりな百絵先生。と思ったら、お目目ぱっちりなアーサー先生。と思ったら、お目目ぱっちりな潤子さん。ってことは、高嶺さんも・・・ほら!お目目ぱっちり!!! と思ったら、寝てた
高嶺さんがいろいろ仕組んで 3人はお付き合いって感じだったのに、3人は 頭の中ぐるぐるで寝られませ~んなのに、一人ぐっすり寝てる高嶺さん、という対比がおもしろいなあ。うまいなあと思いました。

やっぱり、高嶺さんは純粋だね。
3人は、顔には出さないけど 心の中ではいろんなこと考えてるわけでしょ。好きではありませんって顔して、すごく相手を気にしてたり、どーでもいいって顔して、内心ドキドキしてたり。3人に限らず、気持ちを表すのってむずかしい。つい隠しちゃう。
高嶺さんは素直に頑張って、素直に意地はって、素直に喜んで、素直にヤキモチやいてる。

「わからなくて苦しくて、それなのに なぜだかとてもうれしくて。こんな気持ち初めてなんです。離れているとすぐにあなたに会いたくなる。ずっとそばにいたいんです。」
飾らない人だけに、いっそうに胸にひびく

だけど、おばあさまに「追ってはなりません」と言われ、動けなくなっちゃった高嶺さん。
滝行して御念仏唱えて写経して、煩悩追い払っていました。(←熱が出たのは滝行で寒かったからでは? (~_~;)
でも、潤子さんへの思いは消すことはできず。だって、初恋でしょ。燃えるよね ユキちゃんの部屋まで追いかけていき、ずいぶん年下の子にも メラメラと嫉妬の炎を
そして、ちゃっかり、またまた桜庭家にいる高嶺さん。何のかんの言っても、高嶺を部屋に入れてるんだから、確かに潤子さん隙だらけだと思います(笑) それか、潤子さんも高嶺さんに好意持ったってことでいいのかなぁ!?

か↑べどん 

おみやげを次々持たされて、かわいがられてるんだかいじられてるんだかわかんなくて、アルジャーノンの咲ちゃんみたいにニコニコうれしそうに座ってる高嶺さんが好きすぎです
高嶺さんは、この家族を見て、「家族になりたい」って思ったんじゃないかと思うの。こんなふうに笑って、騒いで、ほかほかしたいんじゃないかと思うんです。

高嶺さんって、監禁したり裏から手を回してお泊りさせたりすっごく強引なのに、してほしいことが「手をにぎってください」って、子どもみたいに。キュンってするよね
高熱でしんどいのに、「あなたの顔がよく見たいです」なんて、しょーがないなー って思っちゃうよね。
友達とよふかしも、友達と雑魚寝も、友達を家に招くことも、潤子さんには当たり前にしてきたことで、今さらうれしいと思うことでもなかったでしょうね。それがうれしくて、張り切りすぎちゃって熱まで出してしまうほどにうれしかった高嶺さんに、潤子さんの心も揺れるよね。強いだけの人かと思ったけど、支えてあげなきゃなあみたいな

「だったら、あなたの手料理が食べたい」
「あなたとデートがしたい」
「あなたと夫婦になりたい」
「あなたと家族になりたい」
「潤子さん、あなたが好きだ」

今回は コメディ色強いなあと笑って見てきたのに、泣いちゃいました
予告であんなシーンと一緒に聞かせるから、またまた強引なことして潤子さんに引かれるんじゃないの~???と 思ってたら、こんなに切ないシーンだなんて。。。
ごじくじスタッフさん、うますぎです

そして、次のシーンでは 立派な僧侶の高嶺さん。昨夜の弱った姿は見られません。
情熱大陸でぴぃが言ってた言葉、思い出します。
「かっこ悪いところは見られてもいいけど、弱ってるところは見られたくない」
高嶺さん、弱ってるところも 潤子さんになら見せられたってことなのね。



さ~て。
ぴぃがメールで言ってた、プライドを心の奥にしまって、みんなが笑ってくれるなら とがんばったというシーン。
どこだったんでしょう。わかりません。
だって、かわいいシーンや愛らしいシーンや愛おしいシーンはあったけど、かっこ悪いシーンも可笑しなシーンも変なシーンも、なかったんですもん。プライド捨てたのかなんて思うシーン、ひとつもなかったんですもん。


長くなってしまいましたが、以上、やっぱり ぴぃが主役なの?と思っちゃった 4話でした(~_~;)


他にもいっぱい書きたいことあるけど、またあとで♪



20141223_092235p.jpg
←web拍手

ランキングに参加しています。
よろしければ ぽちっとな。

ジャニーズブログランキング
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment