Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

羊と

『羊と鋼の森』 今日一気に読みました。
心に残る言葉、一文がたくさんあった。その中の結構な割合で、ぴぃのことが浮かんだ。
たとえば
「あきらめる理由がない。要るものと要らないものが、はっきりと見えてくる。」(昨日のブログに‘あきらめる理由’って書いたので、読んでてちょっとびっくりした)
「才能ってのはさ、ものすごく好きだっていう気持ちなんじゃないか。どんなことがあっても、そこから離れられない執念とか、闘志とか、そういうものと似てる何か。」
「わがままが出るようなときは、もっと自分を信用するといい。わがままを究めればいい。」
「和音が何かを我慢してピアノを弾くのではなく、努力をしているとも思わずに努力をしていることに意味があると思った。努力していると思ってする努力は、元を取ろうとするから小さく収まってしまう。自分の頭で考えられる範囲内で回収しようとするから、努力は努力のままなのだ。それを努力と思わずにできるから、想像を超えて可能性が広がっていくんだと思う。」
サウトリで好きなところを紹介してくれたけど、ココ↑を読んだときは、ぴぃはどう感じたのかな。


web拍手コメントに「記念すべき今年が ドーム公演になるんだろうと思ってた」と書いてくださった方がいて、思い出した。
ぴぃがそう言ったんだった。
ううん、忘れてたわけじゃない。絶対忘れない言葉だったから。だけど、考えないようにしてたかもしれない。
2013年12月15日 A NUDE 名古屋ラスト。
「俺も2年後に、東京ドームでやる!みんなも一緒に。みんなが一緒じゃないと、意味がないから」
2年後っていう具体的な言い方に、もしかして 予定があるのかと思った。2015年から2016年にかけてツアーして、しめくくりが東京ドーム・・・なんて考えが ぴぃにあったりして。もちろん、ソロ10年、入所20年記念として。
考えるとドキドキした。
なあんてのは、わたしの勝手な想像だから、ぴぃはただ自分の夢を言っただけなのかもしれない。
だけど、すっごくドキドキしたんだよね。
そのぴぃの夢に、みんなも一緒にと誘ってくれた。
それまでも、ぴぃの夢を応援しようとは思ってたけど、ぴぃの夢が私たちの夢になった瞬間。。。

2年後ではなかったけど、‘あきらめる理由’がどこにもない。
いつか必ず 東京ドームのステージに一人でたつぴぃに声援を送るんだ





20141223_092235p.jpg
←web拍手

ランキングに参加しています。よろしければ ぽちっとな。
ジャニーズブログランキング


スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment