Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

Future Fantasy in  YOYOGI

コンサートの最後、消える前にぴぃが言いました。
「このコンサート 長持ちするから❤」
わかってる。きっと一生忘れないから。
でもね~、代々木ライブが心の中に長もちしてるからと言って、平気なわけではないのだよ。十分満足なわけはないのだよ。
だって、もう、ぴぃに会いたいと思ってる。
あのステージ もう一回見たいなあって、すっごく見たいよ~って心が求めてる。


最高に楽しかった。
たぶん、これまでで一番声出して、一番騒いだ。
ほんと、最高のコンサートでした。

やっぱりなんといっても、ぴぃが向くたびにキャーキャーと歓声があがるとこ。
初日はたまたまだったのよね。っていうか、ほんとにみんなぴぃに会えたのがうれしくて、ぴぃがこっち見てくれるとうれしくて、思わずキャー―❤って叫んじゃうよね。ぴぃを見てなくても客席の反応見てたら、ぴぃがどこ向いてるかわかるってくらいに(^^)
で、自然と ぴぃが向くたびにキャー、キャーしてたら、な~んとなく楽しくなっちゃったよね~。ファンも、ぴぃも
2日目1部では、ぴぃもねらって あっち向いたりこっち向いたり(^^) ファンも、自分の方向いてくれると、待ってましたとばかりにキャー❤
2部では、ぴぃちゃん、だるまさんがころんだみたいに 急に振り向いて反応楽しんでた(*^_^*) けど、いつまでたってもキャーキャーが止まらなくて、「どっちみたらいいのかわかんない~」って照れてたのが、ほーんとにかわいくて。。。
はい。アイドル歴20年 若干31ちゃいの智久くんです

たった3回の公演で、こんなにぴぃとファンとの『やりとり』が出来上がるなんて、なんて通じ合ってるんだと思いました。
たった3回だったのが、ほんとに惜しい。

惜しい思った理由は他にもあって。そりゃあもう 山のようにあるけど、まずはまさかのドラム。
1日目、わたしは席がメインステージを真横から見る位置で 2列目という幸せな席でした。
あまりに近くて、ただただぴぃだけ見つめてたら、ふっと気づいたらドラムがあったので驚いたのなんのって。
かっこよかったなあ
それが、たったの3回で終わりだなんて。。。


それから、Tokyo Sinfoniettaの演出。夏には踊る夜と歌ってた部分。
いつものように ぴぃが後ろを向いて、指揮するかのように大きく手を動かすと、踊る夜の前奏が大迫力で流れる。そして、踊る夜が・・・と思ってたら、Tokyo Sinfoniettaが厳かな感じで始まりました。
その中での、レーザーを使った演出が神ってた
床から天井へ、天井から床へと伸びるレーザーを、ぴぃが手や足で操って、そのたびにTokyo Sinfoniettaの歌が聞こえたり、消えたり。まるで、ぴぃが光と音と操る神か魔王か。。。ただ、うっとりするばかりでした
あの素敵さを 言葉で言い表すことなんて、ぜったいにできない。そんな人、いないと思う。
だから、もっと公演があればなあと思うんです。たった3回なんて。
もっと、たくさんの人に見てほしい。みせてあげてほしい。


今回バクステがなかったけれど、ice Creemのトロッコで ぴぃは後ろの方まで行きました。
その衣装が、カウボーイみたいで、ウッディかと思いました(*^_^*) ウッディよりかっこかわいいけどね。
バクステあたりに止まって、ウッディPはあっち向きこっち向き、手を振ってた。
そして、2階のトロッコはなくて、かわりに なんと気球でした。7つのおおきな風船に運ばれて、ぴぃちゃんがスタンド2階席にごあいさつ(*^_^*)
会場の後ろの人まで楽しめるようなコンサートを という気持ちが、そんな演出とか ぴぃのファンサとかからすごく伝わってきました。

ジュニア時代を振り返るコーナーでは、最初にスクリーンに映る映像も変わってた。
4 TOPSの仲間たちとじゃれてるところや、タッキーにかわいがられてるところや、いろんなかわいいぴぃちゃんが次々映って、ステージにいるのは31歳のぴぃで、全然違うけど ちっとも変ってないって気がしたなあ。
前の映像のとき、ことごとく斗真との2ショットな気がして、これって 斗真へのラブコール?来てくれってこと?と思ったりしたけど。そうじゃあなくて、ジュニアの頃のぴぃのそばには、必ず斗真やタッキーがいたからだとわかった。
あのころのちっちゃいぴぃちゃんは、どんなこと考えてたのかな。どんな気持ちでいたのかな。
代々木でも、ジュニアがたくさん出てきて、Can Do!Can Go! やサワレナイ踊ってました。それから、なんとなんと、ジュニアも明日に向かってを一緒に歌ったのデス。あれはまるでジュニアコーナーだった。
きっと、ぴぃが そうしようって言ったんだね。ジュニアの子たちが歌って踊ってるときに、「もっとアピールして!もっと大きく動いて!踊って!」と応援してるぴぃが、まるでお兄さんっていうかお父さんっていうか
あの子たちの心にも、このコンサートは一生忘れられない思い出になったよね、きっと。

風磨くんが観覧来てて、MCのときに紹介されました。
「山下先輩の直属の後輩です。山下くんには いつも背中をおしてもらってます。」
「山下くん、かっこいいです。俺も山下くんみたいな大人になりたいです。」
直立不動みたいピーンって立って、はきはき話す風磨君をニコニコみて、「礼儀正しい・・・・」ってつぶやいてた(*^_^*)

後輩にやさしくしてると言葉で言うのならだれでもできるけど、実際に 自分のコンサートで前に出してあげたり、あんなふうに 大きな声で「背中おしてもらってる」と言われたり。それは なかなかできないんじゃあないかなあ。
わたしたちのぴぃは さすがです



代々木には思い出がある、NEWSでバレーボールの応援をしたって。
その代々木体育館も来年改修工事をするので、今の代々木でコンサートをするのは 最後かも知れない。でも、また新しくなった代々木で・・・ と言いかけたら、客席から‘東京ドーム’って声がかかったみたいね。
ぴぃは ちょっと笑って、「ドームね。そうだね~。でも、どこでっていうより、みんなと一緒にコンサートができたらいいなあと思う」みたいな話をしてくれました。
東京ドームは夢。だけど、何が何でも無理矢理にもドームと言うのではなく、少しずつ着実に階段を上がって、いつか きっと、その夢をつかむんだね。

「みんな いっしょに夢つかもうぜ


途中 何回もうるっときたコンサートでした。
今 セットリスト聴いてても、また涙がでそうになります。

早く また会いたいなあ。




DSC_0189.jpg
←web拍手 よろしくね♪
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment