Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

ユニット

お雛様の、「三段目がバァー」には相当びっくりした
ぴぃって ほんとに‘ザ 男の子’だよね~。ひな祭りを、‘男の子にしてみれば、これと言って盛り上がらない’とか言ってのける(^^)

2003年を振り返った最終日は、いつものようにぴぃちゃんの2003年

「一番大きいのはNEWSの結成。
メンバーが発表されてく時の歓声は今でも忘れない。
そのときからずっと応援してくれてる人がいるっていうのは感謝」

そのときをリアルタイムには知らないけど、新高輪プリンスホテルの記者会見に行かれた人のレポを見たり、当時の話を聞いたりして、なんとなく感じることがあります。
ぴぃは楽しかった思い出しか言わなかったけど、どうしても切ない気持ちが沸いてきてしまう。ぴぃ自身は とっくに吹っ切ったかもしれないのに。
記者会見の前日に結成を知らされて、それはグループではなくユニットと呼ばれたそうで、ぴぃが期間限定だったって言ってた通りで。ところが、ユニットはグループとして活動続けることになって。
そんななりゆきのような感じで、自分の進む道が決められていくのって、1どうだろう。そりゃあ、その後いろいろあっても不思議はないよなあって思ってしまう。。。

ああ、今更何を言ってるんだろうね~。スミマセン(-_-;)


狂い咲きバージンロードははじめちゃんね(^^)
はじめちゃんも、ケンケンも、ほーんとにかわいい。翌年のそれ突の拓馬君も、ひっくり返りそうになるほど美しくって。
この頃のぴぃは、ほんとにほんとにかわいい❤
翌々年になると、ドラゴン桜の勇介や野ブタの彰になるわけで、ちょっと男らしさも感じられるようになるんだけどね、2003年 18歳の彼は、ほんとにかわいい❤(←何回 かわいいを言うのか(^^)

「よし、これからだっていう旅立ちの年だった」

私だったら・・・
予想していなかったグループでの活動開始、大学と言う新しい環境での生活のスタート(それもトップアイドルでありながら)、いくら自分でも望んでいたこととはいえ、私だったら 逃げ出してしまうかも。
よくがんばってきたよね。
よくがんばって、いい旅立ちをしたと思います。



亀と山Pについても話してくれましたね~。
「さすがに修二と彰ってわけにもいかなかった」
やっぱ、そうなのかな~?別によかったんじゃないの?
すごくハッピーな曲♪すごく楽しみ♪


亀梨君がラジオでぴぃの話をしてくれたの、聞かせてもらいました。
‘山Pと2年前のカウントダウンで青春アミーゴを歌って、あらためて番号や番号以外のツールとか交換し合ってすごい連絡とるようになった。正月一緒に飲んだり、普通に去年も何度か一緒に遊びに行ったりとかご飯行ったりとか。お互いに12年、いろんな状況がありながら、また何かできたらいいタイミングでもあるし素敵だよね みたいな話は、個人的にPとオレで話してた。
巡り巡って今回のドラマ共演、主題歌と言うステキな形で、こんな早々に実現するとは思わなかった。ありがたいことにこういうチャンスをいただいて。今徐々に二人で いろんな話もしながら、台本読みながらキャラクターの役作りも個々に始まってきた。
Pと組んだとき、ボクまだ10代だったんで、干支丸一周ですから。そこらへんも タイトルじゃないけど、運命的なものを感じると、二人でも話してます。祭りというか大きなイベントになるよう、ぼくら二人も力を合わせて、みなさんに楽しんでもらえるようがんばっていきたいと思っています’

大人になった修二と彰、はやく会いたいな





DSC_0189.jpg
←web拍手 よろしくね♪
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment