Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

サウトリ&PON&TOKIO カケル

サウトリでコール&レスポンスの話をしてくれました。
「オレ、勝手にわけわかんない言葉言わせたことありますよ」と例に出した名古屋ご当地レスポンス。そのレポはこちらです(笑)⇒Future Fantasy in NAGOYA 7/4
他、
大阪レスポンス⇒Future Fantasy 709 OSAKA
神戸レスポンス⇒Future Fantasy in KOBE 8/8
東京レスポンス⇒Future Fantasy in TOKYO 8/31

レスポンスって書いたけど、要はコンレポなので長いです。必要ない人はスルーしてね(笑)

ってか、「区切るとこ おかしくね?」って、狙ってたのか~!!無自覚かと思ってたわ~♪ ぴぃって、ぽーっとしてて天然のようだけど、やっぱりちゃんとアーティストでライブ演出してくれてたんだなあと感心(←当たり前ですね

FFコンは 彼の言った通りに長持ちして、今でもしっかり思い出せる。
party's onのオオオーオオオーオーとか、
party don't stopの1,1,1,1,1,1,2,3とかオハヨーゴザイマスとかは もう定番だし。
だけど、いくら長持ちしてるからと言っても、脳内再生ではなくて ちゃんとDVDデッキで再生したいんだよ。ライブDVDを。。。
よろしくお願いしますよ

ん~、話が違う方向に言っちゃいました

PON!で、沢尻さんドラマに出てる関西ジュニアのミッチーって子が、隣のスタジオで撮影してる亀と山Pに挨拶に行くところを見せてくれました。
ミ「こんにちは」
亀「カツンの亀梨和也です」
P「山Pです」

P「ミッチーはいくつなの?」
ミ「14歳です」
P「14歳!?」

そのあと、ぴぃちゃんがミッチーをこちょこちょしたり、「ミッチー!ミッチー!」呼んだり(^^)亀ちゃんは、大阪から一人で来てるの?とか、お母さん(沢尻さん)とは話できてる?とか聞いてた。

しっかりと話をする亀ちゃんと、ふんわりとした微笑みを浮かべ ミッチーの緊張をほぐすような空気を作ってあげるぴぃちゃん。
いい先輩コンビです。
ぴぃちゃんは、いかにもなやさしさです(*^_^*) 名前じゃなくて「山P」って言ったこともこちょこちょも。

14歳で驚いてたけど、あなた自身も もっと小っちゃい時からドラマ出てたし、がんばってたんだよ。。。




TOKIOカケルに風ポンが出てました。
ジュニアの頃にTOKIOのライブに出させてもらったことがあり、山Pと風ポンでリーダーをぼこぼこになぐる演出?があったそうです。リーダーがふたりをリラックスさせようと「本気でいいから」と言ったので、本気でやったら あとで「フリでいいから」と言われたそうな(笑)
初めて聞いた ぴぃのかわいいころのエピソードでした(*^_^*)
FOUR TOPSという名前も出してくれました。ああ、長い事、まるでなかったことにしたかのように 誰も口にしてくれなかった名前を風ポンが堂々と!TOKIOの番組で!語ってくれた。。。 なんだか、それだけでも泣きそうです。
おまけに、写真も出た。
「斗真と山下と長谷川と・・・」と名前もしっかり言ってくれた。
ありがとう、風ポン。ありがとう、TOKIO先輩。

太一君が「みんなソロになってるね」と言ったら、風ポンがこう言ってました。
「このユニットでデビューすることはないからと、最初から社長に言われてた。YOUたちは それぞれがそれぞれの道でがんばるのだと。だから FOUR TOPSなんだと」(ニュアンスで)

え!そんなこと 言われてたの!!??? ビックリです。
だって、ぴぃは言ってたよ。「斗真とデビューすると思ってた」と。
だから、「行ってくる」「待ってるから。行ってこい」って二人で話したんだと。
もしかしたら、風ポンの話は、4人そろって聞いたのではなくて、風間君が聞いた話なのかなと思いました。なんとなく、そんなにきちんと話を伝えていくような社長って言うか、事務所じゃないと思うから。NEWS結成だって、直前まで知らされなかったくらいだからね~。

だけど。
こうやって話ができるようになったってことは、また一緒にお仕事できるかも?なんて期待を 将来的には抱いていいのかなあと思いました。あの4人でいるときのぴぃは、それはそらは自由で、かわいらしくて、おそらく一番彼らしかったのではと思うからです


それにしても、FOUR TOPSの紹介で出た写真のぴぃの 麗しの美少年っぷりったらなかったなあ


DSC_0189.jpg
←web拍手 よろしくね♪
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment