Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

GAP

わたしの知ってる ギャップのある人、やっぱり、ぴぃでしょう。
男らしいとかわいい。
クールと天然。
大人っぽいと少年っぽい。
見た目の美しさと 脱いだらすごいんです もね(^^)
すっごく気遣いで、言葉もていねいに選んで話してるのに、「心理的に騙されてるだけ」なんて 身もふたもないこと言っちゃうとこなんかも~(笑)

いろんな面を持っているから、俳優のお仕事で演じる役も 幅広くできるんだろうな。
ハルカ先生⇒咲ちゃん⇒高嶺さん⇒神様⇒藍沢先生
ざっと見ても、めちゃめちゃ幅広!

でも、遡っていくと、西園寺さんが始まりかもしれない。
慎吾ちゃんが言ってたように、それまでクールな役が多かったぴぃが 初めて根っからのかわいいキャラクターを演じた。それができたのは、もちろん ぴぃ自身のがんばりのせいだけど、慎吾ちゃんと一緒だからというのもあったんじゃないかな。絶対的に信頼、尊敬できる事務所の先輩とだから がんばったんじゃないかな。先輩のいうことだから あんなに嫌がってた女装もしたし、テレビで着ぐるみ着たし。
ソロになったタイミングだったし、マネージャーさん変わったし・・・まあ、すべてがつながってるわけだけど、そんなこんなで ぴぃも変わらなきゃと思った時だったんだろうけど、やっぱり 先輩の存在はトクベツ大きな意味があったと思う。

グループぬけると聞いたときからこれまで、批難、否定する気持ちは微塵もなかったけど、 ソロになったから しんどい状況になってるのかと(勝手に)思って、辛かったことはある。
でも ソロになったから、慎吾ちゃんと‘出会えて’、「山下」と呼ばれる関係になった。アイドルのハーバード大学の教授の教えを乞うことができた。本当に、本当にいろんなことを教えてくれたし、ぴぃの心の支えになってくれたと思ってる。

そのときは辛かったり、悲しかったり、苦しかったりしたけれど、全部運命だったのだと、
慎吾ちゃんが事務所の先輩でなくなる時がくるとわかってから、しみじみと感じてる。

今日も話がそれまくり

お寿司のネタを次々言って、
「も いっか(笑) 好きなんだなあ~」って言うのが、すごくかわいくて、すごく好きでした


DSC_0189.jpg
←web拍手 よろしくね♪
スポンサーサイト

0 Comments

Leave a comment