Welcome to my blog

君にみちびかれ☆

ARTICLE PAGE

seventeen

どうしても見ときたい本があってでかけた本屋さんで、思い出した。年末だから、発売日が早いんだった。昨日書いたばっかなのに忘れてた

セブンティーン、フラゲしてきました

こういう自然の光の中に 当たり前のようにいるぴぃが好き。
やわらかな、手触りのよさそうな髪がまぶしく光ってる。
口元 ちょっと何か言いたげに見えるんだけど。なに?なにを言おうとしたの~?
ちっちゃい方の写真は、ちっちゃいからわかりにくいけど(笑) でもいい顔してるよね。
きっと なんてことない場所なんだろうけど、ぴぃがいるだけで素敵な景色になる。カメラマンさんの腕ではあるけど、だけど ぴぃがいるから絵になる風景であることは確かでしょ

そして、P photo♪
これ、向こうで撮ったのかなあ。すっごい楽しんで撮ったんだろうなあ かっわい~


0409、今回のテーマは・・・・おっと、この先は続きから。



で、見たかったのはシゲの雑誌なんです。
なんか、ぴぃのことを話してると聞いたのだけど、ちょっと不安で確かめずにいられなかった。
いきなり「ピンクは山下智久」という文字が目に飛び込んできてビックリしたけど、それはライターさんの言葉で、ちゃんと読むと「ピンクは山下智久、グレーは彼自身と受け取られ、暴露本かと思われてしまうだろうがそうではない云々」というようなことで、インタビューの中でシゲも否定している。
だけど、‘ピンク’が雑誌でヌードになるらしく、「それをいいようには書いてない」(シゲ)らしい。
ピンクは山下君ではないし、「実際(山下君の)ヌードを見た時、かっこいいと思いましたから」と言ってるけど。わたしだって、シゲが暴露本書くだなんて思わないし。なぜ今芸能界を舞台にした、こういう小説を書こうとしたのかは、雑誌読んだらわかった気がするし。フィクションであっても、やはり作者の知識や体験がそこに反映されるのは仕方ないことだとは思うし。
だけど、この雑誌のシゲのインタビューを読む人は、残念だけどあまりいないんじゃないかと思う。なのに、小説のそんな部分だけが取り上げられて、またなんのかんの、ないことないこと言われそうで。
やっぱり、ちょっと不安だな。

でも。
シゲが小説を書いたことを、「山下君だけは『おめでとう』って言ってくれた」

なんか、それ聞いたらホッとした。
ぴぃがぴぃらしくって。
それから、シゲの山下君語りが 今までと変わってなくって。。。。よかった。
ぴぃはもう走り出してるし、それぞれに思いはあるだろうから、そういうこと、わたし もう全然気にしてないつもりだったけど、ホントはすごく気になってたのかなあ。。。。


では、続きから0409です。


p日記
忙しいのに、移動中とか休憩時間とかに書いてくれてるんだね。ありがとう。

ぴぃの「オレ」「弁当食う」「うまい」が大好きです♪
言葉遣いが丁寧なのに、なぜだかこの3つは外さない♪男だし とか思ってんのかな

イルミネーション、きれいだね。でも、ぴぃの方がもっと輝いててきれいだと思うけれど


ぴぃちゃん、いつもありがとう。



1←web拍手♪
0409。
テーマは ドラマチック。

とはいえ、ぴぃの普段の生活はいたって普通だそうです。
まあ、ぴぃは存在自体がドラマチックだからね

今は仕事モードに入ってるらしくて、ロマンチックな気分にも、結婚にも興味がないらしい←なぜか、テンションUP(笑)
友達の結婚やプロポーズのロマンチックな空気作りには協力するけど・・・だそうです。こりゃ、しばらく心平静でいられるかな


感動したのは、恋愛ドラマを見ないってこと。
いっしょ、いっしょ!ぴぃドラマは別として、恋愛ドラマってあまり興味ないなあ(女としてヘン?
それから、一番好きなドラマは「古畑任三郎」ってこと。
わたしもだーい好き。三谷さん作品はほんとにおもしろいよね。

‘また、三谷さんが続編を書くならぜひ出させてもらいたい!’

ひょえ~ 何、その直球!もし、ぴぃが古畑任三郎に出たら、きっと美しい犯罪者になるだろうねえ。考えただけでゾクゾクする。・・・・・ もしかして、当てがあるとかぁ???

それから、野ブタ。の話。
ぴぃは相変わらず控えめで、‘修二や野ブタ、登場人物が・・・’って言ってるけど、
彰だって、あんなおちゃらけた風だけど すっごくまじめに生きてるし、すっごく人のことも考えてるし、素敵なのよ~ん
ぴぃから野ブタ。の話聞くのなんて、すごく久しぶり。
ああそうか、再放送見てたのか! うん、カットされてるのは悲しいね。ほんのちょっとしたシーン、セリフ、仕草でも、とっても大事なものなのに。ストーリーさえ ちゃんと進めばいいってもんでもないのにね。
ぴぃも そんなこと思いながら見てたのかと思うと、フツーでおもしろい


ってか、な~んだ、そうか~。
「古畑任三郎」と「野ブタ。」の再放送見たから書いたってことかぁ ほんと、わかりやすい♪



新ドラマの話をしながら。
‘オレもいつかは死ぬし’って、そんなこと考えたくもなーーーい


‘それに今回のドラマでうれしいのは『クロサギ』で共演した山崎努さんと、またご一緒できること!収録が始まる前に、‘こんなに早く共演できることをうれしく思います’って手紙を書くつもりだよ’

あさイチで、山崎さんからのコメントを聞いてるぴぃ、うれしそうだった。
クロサギ2をずっと待ってたわたしにしたら、遅いくらいだけど。でも、たくさんの役者さんがいらっしゃる中で また一緒にってのは、確かに早いのかもしれない。
それだけ、ぴぃに魅力があったってことでしょう。
メルアドも知ってるだろうに、ちゃんとお手紙を書くぴぃは、やっぱりかわいいいい子です♪
一生懸命書いたあの愛しい字で、「一緒で来てうれしいです」なんて書いてあったら、抱きしめたくなるね~


‘ドラマに入る前に決まってすることは、髪をきるくらいかな’
髪を切ったよ=もうすぐクランクインだよ だものね♪


‘いろんな職業があって、ポリシーを持って働いているところにドラマはあるんだな’
仕事に限らず、ポリシー持って生活してるのとそうでないのとでは、ドラマティック度が違うと思うんだ。
人生において、きっと誰にでも 同じだけのドラマティックな出来事が予定されてるのだろうけど、なんとなく生きてると、その巡り会うチャンスさえも見逃してるんじゃないかと思う。
平凡だと思いこんでる自分の人生も、よく考えてみると、けっこう波乱万丈だったりする。
人生っておもしろいなあと思ったり、ああ、しんど~と思ったり。

ぴぃを知ってからは、基本的に‘幸せ’です

スポンサーサイト

2 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011/12/28 (Wed) 15:37 | EDIT | REPLY |   

june  

> はじめまして・・・のかた
ホッとしました。
一緒に歌うことは、もうできないのかもしれないけど←そんなこともないのかな?
また 一緒に笑う姿が見れたらいいなあと思います。

2011/12/28 (Wed) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment